ピルの服用や糖尿病だとカンジダ症になりやすい?

カンジダ症は、性病には珍しく性行為を行わなくても発症する可能性がある病気の一つです。
カンジダ症の原因菌である真菌は、身体のどこの部分でもいるため、体が疲れて免疫力が落ちていたり、風邪などで抗生剤を服用していて善玉菌が死んでしまった場合などに発症することが多いとされています。
性器が体の内部にある女性や、妊娠していて面気力が落ちている妊婦さんなどもなりやすい病気です。
また、ピルを服用している場合にもカンジダ症にかかりやすくなるといわれています。
ピルを服用すると、プロゲステロンの影響で膣内が酸性になりやすくなるため、カンジダ症を発症しやすくなり、これは生理前にも同じような状態になるので生理前にかゆみを感じる人もピルを服用しているのと同じような状態になるからだといわれています。
あまりにカンジダ症の再発を繰り返す場合には、一度ピルの服用を中止した方が良いのかもしれません。
その他に、糖尿病にかかっている場合にもカンジダ症になりやすいといわれています。
糖尿病を患っていると、免疫機能が低下していることが多いのでカンジダ症を発症しやすくなります。
その他に、免疫抑制剤やステロイド治療などを行っている場合にも免疫力が低下するので通常の状態なら問題のないカンジダ菌が繁殖してしまい発症しやすくなるのです。
もちろん、発症してもすぐに治療をすれば治るのですが、再発を繰り返すという特徴もあります。
また、特定のパートナーがいる場合には、性行為で相手に感染させてしまうこともあります。
臨月の妊婦さんが出産時まで治療が済んでいないと赤ちゃんに感染することもありますので、異変に気づいたら早めに医療機関で治療を行うように心がけましょう。

トップページへ